2021年7月末 資産状況

2021年7月も無事終わりました。

第4週に起きた中国国家の政策により、中国ADRがガッツり売られ、私の銘柄も少しですが影響はありました。自分自身でコントロールできることではないし、突然発表されることなので、事故にあったと思うしかないですね。今回のような暴落に巻き込まれないためには、ADRを買わないことです。しかし、株価上昇が期待できる銘柄もあるので、悩ましいところです。少し様子見ですね。

資産は微増しました。
中国大型50銘柄3倍ブル YINN をニーサ枠で購入しましたが、中国国家政策で全体的にさがり私の資産も減りました。。。
その他、テスラ(tsla)、アップルがしっかりと上げてくれて助かりましたね。

今月やったことは以下、

日本株、日中取引を極力やめる
→なんとか半分はやめることできたが、結果的にトータル40万ほどのマイナスとなった。下手くそトレードですね。8月以降もやりません。

米国株、銘柄を減らす、6月末18銘柄を7月末で10銘柄
→少しでも利があれば利確、損切りは極力せず、8月を迎える
 結果的に入れ替わりありで19銘柄となった。増えてますね(笑)

今月8月は以下の感じで行う。

投資信託、積立は継続的に行う。

日本株は含み益、含み損ともに所有していく。追加投資は行わず、遊び程度で短期取引を行う。タイミング見て、ユニクロ(ファーストリテーリング)、シマノ、任天堂他、ウォッチしている銘柄を買い。

米国株は、利確、損切りを繰り返し、銘柄を減らしたい。
合計19銘柄あるので8月末ジャクソンホール会議までには、無理せず短期枠は減らしてキャッシュポジションを多めにしたい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事